>記事一覧>賃貸物件の条件は妥協しない!理想の部屋を見つける方法

賃貸物件の条件は妥協しない!理想の部屋を見つける方法

住宅模型

妥協した部屋に住み続けるのはストレスに

「賃貸物件を探すなら妥協しなければ見つからない」という人もいます。しかし、妥協して見つけた部屋に住み続けることは不便を感じることが多いのでストレスを感じることもあります。住めば都と言われますが、それでもやはり最初から自分が住みたいと思える部屋を見つけたほうがよいでしょう。そのためには、妥協しない部屋の条件を決めなければいけません。

妥協したくない!と思うなら情報収集は大事

つみき

ネットで賃貸物件の情報を探す

最近は、ネットを使えば賃貸物件の情報を簡単に見つけることができます。ネットの情報は古かったり、客寄せのためだったりしますが実際にある物件の情報なので条件を決めるための参考にはなります。部屋の間取りや設備、セキュリティ面などを確認すれば、条件が決まります。そして、決まった条件でどれぐらいの家賃になるのか把握しやすくなります。

築年数にも注目しておこう

物件の築年数は、あまり注目していない人が多いかもしれません。しかし、築年数が新しいほどやはり頑丈に作られています。最近はリノベーション物件などが人気ですが、築年数が古ければ不備が出やすい物件も少なくありません。物件を探すときは、築年数も何年以内と決めておいたほうがよいでしょう。そうすれば、安心して住み続けやすくなります。

家賃は収入の三分の一

物件探しで最も重要なのが家賃の金額です。これは、住み続ける限り毎月発生するので収入の三分の一がよいとされています。できるだけ安い家賃のほうがよいですが、住み続けることを考えたら少しオーバーしてもいいかもしれません。3000円ほどオーバーして条件に合う物件があるのなら、家賃が高くなるといっても契約を決めたほうがよいでしょう。